無料フォームでのお問い合わせプランナーに
相談する
TOPへ戻る

DVD制作の費用はいくら?費用の内訳や相場、安く制作する方法を動画制作会社が徹底解説。

  • 動画制作の相場
  • DVD制作

DVD制作の費用はいくら?費用の内訳や相場、安く制作する方法を動画制作会社が徹底解説。

「プロモーションやイベント特典などでDVD制作を検討しているが、どれくらいの費用がかかるかわからない……」

「会社選びで失敗したくない」

このようなお悩みはありませんか?DVD制作を依頼するにあたって、必要な費用や相場、注意すべき点がわからないこともあるかと思います。

この記事では、 DVD制作を依頼するにあたって、どのような費用がかかるのか、どのような費用がかかるのか、またその相場を理解するだけでなく、依頼時に会社選びに失敗しない方策や具体的な事例も交えてご紹介していきます。

動画制作会社が記事監修しており、実際の取引に基づいた金額や気を付けるべき点を記載しているので、安心してお読みいただけます。DVD制作の依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

DVD制作における費用一覧・相場

費用項目相場
企画費3万円~8万円
撮影費2万5000円~6万円
編集・MA費4万円~8万円
エンコード費1万5000円~2万5000円
オーサリング費2万円~3万円
デザイン費5000円~2万5000円
プレス費1枚当たり30~500円(枚数によって変動)
コピー費1枚当たり100~350円(枚数によって変動)

費用の相場はどこまで依頼するかで変わる

下記の全てが必ずかかるわけではなく、

例えば編集済みの動画をDVD化する場合は、撮影〜編集費は不要のため●〜●万円、

企画〜撮影・編集までフルパッケージの場合は、●〜●万円が相場になってくるでしょう。

DVD制作費用の相場は、実際に制作する内容や制作過程の詳細に応じて変わります。

例えば、企画だけを依頼する場合と、撮影・編集・MA・エンコード・オーサリングまでを依頼する場合では、費用の相場が大きく異なります。

つまり、

具体例?

https://imitsu.jp/cost/movie/article/dvd

企画費

企画費は、クライアントの構想をもとに、dvd制作の計画・構成・企画資料の作成など、制作前の準備工程に必要な費用のことを指します。

DVD制作の大まかな方針や構成、必要なリソースの確認などを行い、実際の制作に向けた準備を行います。

撮影費

撮影費は、DVD制作において映像の撮影が必要であるケースにおいて発生します。具体的な内訳として、撮影に必要な機材や撮影スタッフの費用、撮影のためのロケーションのレンタルする場合の費用などが含まれます。

編集費・MA費

編集費は、DVD制作に必要な映像・音声などを編集し、一つの映像作品にまとめる際にかかる費用です。

またMA(マルチプレックスオーディオ)は録音による撮影時の音声に加えて、効果音やBGM、そしてナレーションなどを合成し、DVDに使用する音源をパッケージとして作成する作業を指します。

(いらんくね?)

エンコード・オーサリング費

エンコードは、DVD制作に必要な映像・音声などをDVDで使用できるフォーマットに変換する際に必要な作業です。

また、DVDオーサリングは、映像・音声データのみではなく、そこにメニュー画面、チャプターボタン、字幕などや、各種言語などの音声データ切り替えを実装し、1枚のマスターとなるDVDを制作することを指します。

(具体的な費用のリスト)

デザイン費

デザイン費は、DVD制作に必要なパッケージやジャケット、ブックレットなどのグラフィックデザインにかかる費用です。

一般的に~~~円くらいかかる

コピー・プレス費

DVDのコピーは、元のデータをコピーし、複数のコピーされたDVDを作成します。具体的には、マスターとして作成した映像データをブランクメディア(空のDVD)に書き込む行為です。

対照的にプレスは、完成した1枚のDVDを原盤を作成することでプレスし複製する行為を指します。コピーと比べて大量生産に向いた手法ですが、少量を生産する際に高いコストがかかるデメリットもあります。

それぞれの相場

そのほか費用(パッケージ費、スタジオ利用費、スタッフ出張費など)

上記の他に必要となる費用として、DVDのパッケージ費、スタジオ利用費、スタッフ出張費などが挙げられます。

これらの費用は、撮影やプレス・コピー費など思いつきやすい項目と違い、見落とされがちですが、多くの場合必要となるので注意が必要です。

費用が高くなる理由とコストを抑えるコツ

2/14ここから+前項目の具体的費用の記述

前述で説明した、編集済みのものを dvd化するにはそこまで相場は変わらない。

一方で企画、撮影、編集から依頼する場合は料金が大きく変わってくることを説明。

2~3社に見積もりを依頼する

dvd制作にかかる費用は、業者によって大きく異なることもあります。ですので、複数の企業から見積もりを依頼することで、費用についての比較ができます。また、料金が高いと感じた場合は、他の企業との調整も可能となります。

本当に必要なことだけ依頼する

dvd制作には必要な業務と不要な業務があります。不要な業務を依頼することで、費用が高くなってしまうこともあります。ですので、本当に必要なことだけを依頼することで、コストを抑えることができます。

・スタジオ利用費を削減するために、自宅などでの撮影を検討する

劇場上映版と同じ編集を要求すると費用が高くなるので、減らすことでコストを削減する

・パッケージのデザインを簡略化することでデザイン費を削減する

ロットで発注する

dvd制作にかかる費用は、数量によって変わってきます。ですので、多数のdvdを制作する場合は、ロットで発注することで、単価が安くなります。また、一定数以上のdvdを制作すると、特典や割引などが付帯することもありますので、制作の規模に応じて適切な方法を選択することが大切です。

過去に制作した映像を再利用

映像制作には撮影費や編集費といったコストが大きな要素となります。これらの費用を削減する方法として、過去に制作した映像を再利用することが挙げられます。

例えば、企業プロモーション用の映像であった場合、以前に制作した製品の映像や、企業の紹介映像などを再利用することで、撮影費や編集費が削減されます。

これにより、制作物のクオリティは損なわれることなく、費用の削減ができるのです。また、過去に制作した映像を再利用することで、新しい映像の制作スピードも向上するので、緊急に制作が必要な場合にも有効な手法となります。

このように、過去に制作した映像を再利用することで、撮影費や編集費を削減することができます。制作物のクオリティを維持しつつ、費用を抑えることができるので、有効な手法となるかと思います。

実際のDVD制作事例

(企業名、目的)

(企業名、目的)

DVD制作会社選びで失敗しないためには

依頼したい内容が対応範囲になっているか

DVD制作を依頼する前に、依頼したい内容が、依頼するDVD制作会社のスキルや対応範囲に合っているか必ず確認することが大切です。どのような内容を制作したいか明確に伝え、動画制作会社からの提供内容と比較して、対応可能かどうかを確認することが大切です。

実績が豊富で、得意分野が依頼したい内容と合っているか

制作会社によっては得意な分野があり、実績も異なります。依頼したい内容に合った実績があり、得意な分野を持っている動画制作会社を選ぶことが大切です。また、実績を確認することで、どのようなクオリティーが出せるのか、見本となる作品があるのかも確認することができます。

費用が明確になっているか

予算に合ったDVD制作会社を選ぶことも大切ですが、制作費用が明確になっているかも重要なポイントとなります。制作費用が明確でない場合は、予想外の費用が発生したり、制作スケジュールが延びたりすることもあります。制作費用が明確であり、それが予算内に収まるDVD制作会社を選ぶことが大切です。

DVD制作をコスパ良く制作したい方はぜひ一度お問い合わせください

株式会社CACTASが運営するムーバルは業界最安の価格で高クオリティの動画制作を実現する映像・動画制作会社で、DVD制作にも対応可能です。経験豊富なディレクターが在籍しているため、丁寧な打ち合わせを行うことで、お客様の作りたい作品を実現します。制作会社選びでお悩みの方は、一度ムーバル(https://cactas.co.jp/mobal/)にご相談ください。