無料フォームでのお問い合わせプランナーに
相談する
TOPへ戻る

動画制作の相場・料金をプロが解説!コストを抑えて制作するポイントは?【2024年最新】

  • 動画制作の流れ

動画制作の相場・料金をプロが解説!コストを抑えて制作するポイントは?【2024年最新】

「動画制作を始めてみたいが、どのくらいの費用がかかるか分からない。」

「制作会社によって見積もりが全然違う。費用が決まる仕組みが知りたい。」

「クオリティは妥協したくないけど、コストはできる限り抑えたい。」

初めて動画制作を依頼するとなると、相場感が分からず、困ってしまうことも多いと思います。

本記事では、動画制作の相場や費用が決まる仕組みに関して解説します。

また、プロの目線から、コストを抑えるコツに関してもお伝えします。

これを読めば動画制作の相場を理解して、適正価格で動画制作を依頼できるようになります。

(※ 本記事は、300社/1,000件以上の取引実績のある動画制作会社が監修しています。)

動画制作の相場一覧

動画制作の相場は20万円〜500万円です。

ただ、動画制作の費用は、動画の長さとクオリティによって大きく変動します。

以下に動画の目的ごとの相場目安をまとめましたので、参考にしてみてください。

動画の目的動画制作の相場目安
会社紹介30万円~200万円
採用30万円~200万円
商品・サービス紹介20万円~100万円
セミナー25万円~50万円
CM50万円~500万円
研修20万円~100万円
展示会50万円~200万円

動画制作の費用の内訳

動画制作の費用は、「人件費」「企画費」「機材や編集などの諸経費」に分けられます。

制作会社や制作の目的によって、人件費と企画費が異なりますので、価格が大きく変動します。

人件費

動画制作でかかる費用の多くは「人件費」です。

15秒前後の短い動画でも、5万円程度が相場になります。

また、撮影する際は演出家やプロデューサーに依頼することになりますが、こちらも安くても10万円以上かかります。

アニメーションでもディレクターやイラストレーターが必要になるため、同じくらいの費用を想定しておいた方がいいでしょう。

企画費

「企画費」は、動画の台本作成や、スケジュールなどの進行管理に関する費用です。

ディレクターがスタッフを指揮し、構成作家がシナリオを書く重要な工程になります。

短い動画でも、安くて3万円程度が相場です。

費用を抑えたい場合では自社で企画を考えて持ち込むこともできますが、プロがいない場合は制作会社と一緒に考えた方がいいでしょう。

機材や編集などの諸経費

大道具などの美術費、交通費なども諸経費に含まれます。

Goproなどのハンディカメラやピンマイクの使用の有無、編集の複雑さや、BGM・効果音を使うのかといった点で金額が変わってきます。

動画の内容によって変動はしますが、制作会社ごとの差は出にくい部分でもあります。

費用を抑えて制作会社に依頼する方法

動画制作の費用を抑えて制作会社に依頼する方法は、以下の3つです。

  • 目的に応じて制作会社を選ぶ
  • 自社で素材を用意する
  • 仕様書を作る

1つずつ詳しく見ていきましょう。

目的に応じて制作会社を選ぶ

費用を抑えて制作会社に依頼する1つ目の方法は、「目的に応じて制作会社を選ぶ」ことです。

制作会社といっても、得意とする分野は異なります。商品紹介に強いのか採用動画に強いのかなど、目的に合った会社を選ぶことが重要です。

また、実績や制作事例を見て、予算と品質の目安を理解しておくことも大切です。

動画制作を専業とする会社を選ぶことで、費用を抑えることもできます。自社に動画の運用やノウハウがある場合、専業の会社を選ぶといいでしょう。

自社で素材を用意する

費用を抑えて制作会社に依頼する2つ目の方法は、「自社で素材を用意する」ことです。

撮影場所や主演者、BGMなどを自社で用意すれば撮影費用を抑えられます。

社内や公園などで撮影できればスタジオを借りなくて済み、社員をキャスティングすれば出演料を抑えられます。

BGMやイラストなども高額な料金がかかりますが、フリー素材を利用することで大きくコストカットできるので検討してみるといいでしょう。

仕様書を作る

費用を抑えて制作会社に依頼する3つ目の方法は、「仕様書を作る」ことです。

仕様書とは、動画の目的や撮影のスケジュールまで、動画制作に関するすべてを盛り込んだ書類です。制作会社の企画やスケジュール管理の手間を省き、費用が安くなることがあります。

費用面だけでなく、しっかり仕様書を作ることで、相手に熱意を伝えたり、信頼感を持ってもらえたりするメリットもあります。

しかし、仕様書を1から作るのは大変ですので、リソースを割けない場合は企画書だけでも作っておくといいでしょう。

動画制作の相場を知ってから制作会社に依頼しよう

動画制作の相場は20万円〜500万円程度です。ただ、動画の目的や長さ、クオリティによって大きく変動します。

動画の費用は「人件費」「企画費」「諸経費」にわけることができ、諸経費には大道具などの美術費や交通費も含まれます。

また、制作費用を抑えるためには3つの方法があり、特に目的に応じた制作会社を選ぶことを心がけるといいでしょう。制作会社の実績を見て得意分野を把握することで、低コストで依頼できます。

動画制作を依頼するなら、セミナー動画制作実績多数・コストは業界最安水準のムーバル(https://cactas.co.jp/mobal/)までご相談ください。実績豊富なディレクターが並走し、高クオリティの高品質な動画を提供しています。動画制作でお悩みの方はぜひ一度ご連絡ください。